一つのデータベースに複数のWPサイトを入れるメリット・デメリットの話

マルチサイトの話をよく書いています。
その通り、私はWordPressをマルチサイト化させることが多いです。人によってはそれの子サイトを別のドメインにするなど、データベースが1つしか使えないロリポップのロリポプランでもたくさんのサイトを運営する方もおられるようですね。

あるサイトをミニバードからファイアバードに移し替えました。元のサイトはマルチサイト化させていたのですが、移し替える際に独立化させました。親サイトと少しネタが被るものが多いサイトはサブドメインもしくは新しいドメインで完全に新しいWPのシングルサイトにしました。もちろん、301リダイレクトをかけています。非常にアクセスが多いサイトはそのままサブディレクトリでWPシングルサイトです。これも新しいデータベースに載せました。

1つのDBに複数サイトを入れたデメリット

どうも、ファイアバードとミニバードの表示スピードはそれほど違わないようですが、1つのデータベースの中にたくさんのサイトがある状況よりも、それぞれがそれぞれのデータベースを持っている方が表示が速いようです。
表示を速くしたいなら1つのデータベースに1つだけ!
みたいです。

1つのDBに複数サイトを入れるメリット

それは、管理しやすさです。
一度ログインするだけで複数のサイトに入れます。さらに、WordPressそのものや、プラグイン、テーマのアップデートも一度ですみます。
これ、すっごく便利!

どんなときなら1つのDBに複数サイトを入れてもいいの?

マルチサイト化させておいて、別のドメインを使うとします。
具体的には「affi118.com/jikken」というサイトにして、「実験ノート」とかいうサイトにするわけですよ。

これがうまくいくかわからないわけです。だめならそのまま削除したら良いのです。こういう、ミニサイト、ペラサイトをたくさん作ってどうなるか見てみたいときなら1つのDBに複数サイトを入れて良いのではないかと思いました。
ミニバードは安いので、こういう使い方をするにはうってつけでした。

どんなときに1つのDBに複数サイトを入れるとまずいの?

例えば、上の「実験ノート」が好評を得てしまい、1日あたりのUUが1000を超えてしまうとか。そうすると、私の経験上、ミニバードだと表示が遅くなるのです。ひどいときには503エラーが出てしまいます。

そうなってきたら、子サイトをサブドメインもしくはサブディレクトリで独立したデータベースに入れたワードプレスにする時期かな?と感じました。サブドメインを別のサーバーで使えるようにしてくれれば良いのですけどねえ。

>>ロリポップ!

Related posts