一つの広告主に依存する危険性についての話

私のサイトの中に、ほぼ放置しても月に一万円稼いでくれるという、ありがたいサイトがあった。

たった一万円であるが、放置なのだ。

ワードプレスで作っているので、たしかに定期的にアップデートその他は必要だ。しかし、半年に一度程度で良いのである。他の同程度稼ぐサイトと一緒に共用サーバーに入っているし、ドメイン代も二千円もがからない。それで12万円なのだから、ありがたいサイトだった。

もちろん、横展開はきちんと考えていて、切り口を変えたサイトがあるが、こちらはあまり成功しているとは言えない。一万円もいかないので失敗と言える。

このサイトには問題点があった。
そうだ。一つの広告主に依存していた。

この広告主がアフィリエイト撤退である。

張替えが効かないわけではないが、面倒だ。一万円のために、数時間かけてリンクを作って、それに合わせて文も変えるかねえ。悩むところである。数時間で、ほったらかしで年12万円と考えれば、と思うのだが。

これを考えると、アマゾンや楽天はリンクが切れてもクッキーを踏ませることができる。さらにアマゾンならば商品が完売しても中古がはいってくる可能性がある。

微々たるレートだが、実はアマゾンも楽天も侮れないなあというのが正直な感想である。

Related posts