エックスサーバーに入れているサイトをSSL化した話

エックスサーバーにいれているものは、全てSSL化させた。

>>レンタルサーバー Xserver

いや、見落としがあるかもしれないが。

スターサーバーもSSL化するらしい(もしくはもうしている)ので、ファイアバードがスターサーバーに移行された段階でSSL化していこうと思う。

>>スターサーバー

SSL化して、301リダイレクトをかける方法

  1. まずデータのバックアップを取っておく
  2. エックスサーバーからSSL化の手続きを行う
  3. https://ドメイン で表示されることを確認する
  4. WordPressの設定からURL変更
  5. .htaccessにリダイレクト用のコードを追記
  6. Search Regex(プラグイン)で内部リンクを置換しておく

の6ステップをとった

参考にしたのはこちら。

Webサイトの常時SSL化(エックスサーバー)
WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)(寝ログ)
サイトのSSL化を進めていますが検索順位が落ちないか心配です。。(アフィリエイト野郎)

302リダイレクトになっているものがあった

実は、もう一つ参考にしたサイトがあった。

しかし、.htaccessのコードが、302リダイレクトになってしまっているところが多いね、という指摘がツイッター上でされていた。

ぎょっとして私も確認したら302リダイレクトになっている。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

が.htaccessに書くべきコードなのだが、一番下のコードが[R,L]になっていた。R=301で301リダイレクトを指定できる。

かなり早くにSSL化についての記事を公開されたサイトで、この記事は上位に上がっていたので、302リダイレクトになった方はこの記事をみている可能性があるかもしれない。そういう、間違った情報の提供は私もあるかもしれないので、背筋が凍る思いをした。

もう一つくらいソースを探した方が良いし、やはりエックスサーバーの出す情報やCodexをもとにした方が確実であると申し上げたい。

順位は下がったか

下がったものもあれば下がらないものもある。

びっくりするのは、302リダイレクトになっていたサイトの一つである。むしろビュー・順位が上がっていたのだが、301にしたところでビューが落ちた。順位は特に下がったわけではない。

理由は、そのタイミングでターゲットのマス層の興味が移行したのだろう。

下がったところでどのみちしなければならなかったアドレスの修正も行った。ビューは戻らないが、いずれしなければならなかったことなので良いのである。また積み上げてゆこう。

>>レンタルサーバー Xserver

Related posts