WP-Banを入れている人は、WP4.3に更新する前にWP-Banを更新すべきな話

何があったのか

ただいま取り組んでいるサイトを見るとWP4.3に更新しろとの通知が来たので早速更新しました。

更新したのは4.3の英語版だったんですが、ほぼ脊髄反射をしてしまいました。

するとページ真っ白で上部にエラーががが。

原因はWP-Ban

エラーをよくよく見ると、
wp-content/plugins/wp-ban
がー、とあるんですね。

じゃあ、WP-Banを停止すりゃいいじゃん、と思うのですが、管理画面も同じくエラーを吐いていました。

おえええええ。

バックアップ、とってない・・・

おえええええ。

私の頭も真っ白、ですが、気を取り直してとりあえずWP-Banを停止することにしました。

FTPからプラグインを停止する

まずは、FTPでファイルをいじることにしました。私はFTPソフトを使っていません。使用しているのはエックスサーバー

WebFTPで入る

エックスサーバーの場合は、ログインしてファイルマネージャーに入るとWebFTPに入れます。

public_html/wp-content/plugins/

です。

これで通常わかると思うのですが、一応。

1)public_htmlを探します
エックスサーバー以外のサーバーの場合、public_htmlは使用していないこともあるので飛ばしましょう。

2)wp-contentファイルを展開する
するとまた子ファイルなどが出ます。

3)pluginsファイルを展開する
この中にプラグインが入っています。見覚えのあるプラグインの名前がズラーッとあります。
その中にwp-banがあります。
wp-ban

4)wp-banの名前を変更
ファイルフォルダーの名前を単純に変更します。今回は後ろにXXXとつけてみました。目立ちますね。

これでWP-Banは動かなくなります。

サイトを更新してみるとあらふしぎ。ちゃんと表示されるようになりました。原因はWP-Banと確定しました。

他のサイトで試してみる

他のサイトをよく見ると、WP-Banのプラグインの更新も来ていたので、さきに(まず、データをエクスポートして!)WP-Banの更新をしてからWP4.3の更新をしました。

エラーは出ません。

つまり、手順としては(データを保護してから)WP-Banの更新ののちにWP4.3の更新です。

結局エラーの出たサイトはどうしたかというと

まずは、管理画面からWP-Banを削除しました。
FTPで見ると、wp-banXXXも駆除されていたので、再度WP-Banを入れれば元どおり。

ただ、まだ変なbotなどが襲来しているサイトではないので、当面このまま放置でいいのではないかと思います。

Related posts