WPXレンタルサーバーを調べる話

エックスサーバーがやっているWordPressに特化したレンタルサーバーがあります。
それが、WPX。レンタルサーバーとクラウドがあるのですが、クラウドは1契約につき1つのサイトでマルチサイト不可&メールサービスがないなので今回は除外。

WPXのデメリット

良く上げられるのが「データベースの作成やphpMyAdminが利用できない」「FTPでアクセスできるのが、「/wp-content」のみ」
http://rensabanet.com/wpx-server/
です。
ですが、変更されたようで、管理画面からphpMyAdminに入れたり、設定しだいで「/wp-content」以外も触れるようです。
http://rinare.com/20140510_wpx_rentalserver_review.html
そして、WordPressしか扱えないし、独自のキャッシュプラグインがあるので今までのキャッシュプラグインが使えない。

でも、それって私にとってデメリット?

私はFTPは使わず管理画面からサーバーのFTPを使って.htaccessを触るだけです。簡単インストールできるならそれで万歳。phpMyAdminとか触らないし。
WordPressしか扱えませんが、私、WordPressしか扱いませんが何か?1枚しかページのないペラサイトもWPで作りましたが何か?
キャッシュプラグインですが、セキュリティに問題が出たことがありましたねえ。以来使ってません。

というわけでいわゆる「デメリット」が私にとってはどうでもいいことでした。

しかし、独自ドメインを用いたメールサービスがないのが痛いんです。

スペック

料金は?

プランは一つ、月額1080円。ただ、初期費用が5000円かかります。これが2014年6月30日まで半額の2500円ですみます。というわけで、年間1万円代という条件をクリア。

MySQLの個数

10個。
うーん。10サイトか。ファイアバードと同じじゃん。1サイトあたり、年間1200円は稼がねばならないというのは少しきついじゃない。確かに平均すれば良いだけです。でも今回移動させるサイトはアクセスが多いので速いサーバーに移転させたいけれど、大きく稼ぐサイトではないものの方が多いのです。強力なバックサイトにするつもりのものがほとんどでした。とあるサイト群のメインサイトも移すのですが、一度に二つのサーバーを契約するのはまだ無理。

マルチサイト

そーだ、マルチサイトできるならいいんじゃない?
って、マルチサイト不可でございます。
http://www.wpx.ne.jp/server/support/faq/service_wordpress.php

稼ぐメインサイトを置くなら良いんじゃない?

今回はバックサイト目的なのでMySQLの数と値段のバランスが悪いと思いました。しかし、これ、メインサイトだったら?メインサイトだったらセキュリティも強化されているサーバーという点が非常に魅力的です。



Related posts