WordPressでPing を送ってみる話

Pingとは

Pingというのは、いわゆる、トラックバックです。

これを送っておけば、クローラーに更新情報を教えやすくなったり、ブログランキングに参加してPVを上昇させようとすることができるわけです。

マルチサイトとマルチサイト化する前のサイトでは少し異なるので、まずここではマルチサイト化していないサイトについて述べておきましょう。

設定できる場所

左のサイドバーから、設定>投稿設定 で下のほうを見ます。
英語のままだったら、
英語
日本語表示にしていれば、
日本語

となっている真下です。ここにPingしたい先を書くとPingできるようになります。

マルチサイト化した場合にはActivate Update Servicesを使っていた

無事マルチサイト化しました、と。

で、こちらもPing設定しようと 設定>投稿設定 の一番下を見ます。

更新情報サービスがありません。

設定する場所

仕方がなく、ネットワーク管理者画面に入り、サイドバーの「サイト」に入ります。
そして、Pingを送るようにしたいサイト、たとえば、このサイトなら
Wordpress
があるので、ポインターをあわせると、下に「編集」という文字が出ます。スクリーンショットがポインターがあっていない状態で行っているので出ていませんが。

その編集をクリックし、一番右の設定を開きます。

そうすると、Ping Sitesというコーナーがあります。そこに直接書いてみました。
→うまく送信できないようです。

Activate Update Services

プラグインの出番です。
Activate Update Servicesというプラグインがあるので、これをサイト管理者画面でDLします。これを有効化するだけで、設定>一般設定 の一番下に「更新情報サービス」が戻ってきます。

有効化するだけで、サイト管理者画面でさらに設定する必要もないし、Pingを送信するように設定したいサイトの管理画面からも何も設定する必要がないのです。便利です。

Related posts