Appenに参加して、出てきた疑問点を解決する方法についての話

3月から稼働始めたAppenだが、在宅ワークの極みの業態なので直接誰かに聞くことはできない。それでも、疑問点の解決方法はある。(Appenでは外部では話さないというお約束になっているので、掲示板・SNSなどで話している人たちは要注意)

これまでの記事はこの順番で読んでくれると嬉しい。

  1. 最近Appenを始めたが、結構、おいしい話
  2. Appenを始めるにあたって準備すべき3つの事柄についての話
  3. Appenのプロジェクトに採用されるまでに時間がかかった話

ガイドライン(マニュアル)はある。だが、疑問点が次から次へと湧いてくる

Appenのプロジェクトのうち、3つに採用されていて、全て稼働中である。

さて、Appenでは、ガイドライン、つまりマニュアルを渡されてそれに従ってウェブコンテンツや広告の評価を行う。

このマニュアルがしっかりしているプロジェクトもあれば(それが始まらないから笑えるのだが)、渡されたマニュアルに穴が大量に空いているものもある。それはプロジェクトマネージャー次第なのだろうか、こういうところが、日系ではなかなかお目にかかれないところでもあろう。

オーストラリアの会社だが、欧米のルーズさに耐えられない方は、回れ右。ここでこのページを閉じてほしい。

穴だらけのマニュアルを渡されると、どうなるのかというと、頭の中はクエスチョンマークでいっぱいになる。だが、一人で疑問を抱え込む必要はない。聞いてしまえばいい。私にとっては、疑問を抱え込んで孤独感を覚えることはない。

湧いてくる疑問点は聞けばいい

Appenで用意されている疑問の解決方法は三つある。

その前に、プロジェクトマネージャーから送られたメールは取り掛かる前に確認したほうがいい。新しいマニュアルが来ていることがある。

Ticketを切って質問を行う。一番確実だが、時間がかかる

プロジェクトマネージャーチームに質問をしてしまえばいい。

質問はチケット制(だが、制限されているわけではない)なので、日本語にすれば、Ticketを切る、ということになる。

3通切っているが、24時間以内に返答が来たことは一度しかない。

プロマネに聞けば確実な答えが返ってくるのだが、時間がかかることを覚えておこう。

Appenでは、プロジェクトにもよるが、今入っているプロジェクトのうち二つは、時間に制限がある。余裕はあるけれど、何分以内に仕上げて欲しい、というものなのに、24時間以上かかったら困るではないか。

急いでいるときには人に相談しよう。助けてくれる人がいることが多い。

Chatで相談する

Appenにはチャットルームがあってそれで質問ができる。「今こういうことになったんだけど、あなたならどうしますか」というものがたくさん投稿されている。全て遡る必要はない。パッと見てそこに同じようなことになった人がいれば相談もできる。

チャットにいる人は、同じプロジェクトに入っている人なので日本人とは限らない。同じ時間帯ならば、やはり日本人が多い模様。スペイン語圏の人たちがスペイン語でまくし立てることもあるけれど、公用語は英語。

なんども助けられた。なので、余裕があるときにチャットに入って、手伝えることは手伝うことにしている。ただ、友達ができるようなチャットではないので、そこは要注意。

プロジェクトによっては、AuditorがChatに出てきて質問を受け付けてくれるものもある。Auditorといってもランクがたくさんあると思う。AppenでAuditorになった話

Socialに書く

チャットはチャットルーム。Socialは昔ながらの掲示板的な存在だろうか。かなり流れるタイプの掲示板と思っていい。

日本人の人が(英語で)激怒していて、それに日本語でコメントがつくのも見た。

詰まったところの解決方法を自分のSocialにまとめて、投げておくと役に立ったとコメントが入ってくることがある。

日本語でやりとりをする人たちもいないわけではない。私は日本語で書いたことはないと思うけれど。

ただしなんども書くが、英語での読み書きをかなりのスピードでできないとそもそも稼働できない。

それでも、稼働始めるとかなりおいしい。

>>Appen

Appenに関してはこの順番で読んでもらえると嬉しい。(また何かあったら記事を追加する)

  1. 最近Appenを始めたが、結構、おいしい話
  2. Appenを始めるにあたって準備すべき3つの事柄についての話
  3. Appenのプロジェクトに採用されるまでに時間がかかった話
  4. Appenに参加して、出てきた疑問点を解決する方法についての話
  5. Appenでは、レギュラープロジェクトとノンレギュラーのプロジェクトがあるので組み合わせると良い話
  6. Appenの支払いについての話
  7. AppenでAuditorになった話

Related posts