スタードメインでとったドメインを、スターサーバー以外で使う話

イブリンはスタードメイン推しである。理由はネットオウルのポイントがたまるのでそれで少し安くスターサーバーを契約&更新できるから。

>>スタードメイン

とはいえ、スターサーバーをいくつもいくつも契約するわけでもないので、ポイントは余る。

ドメイン管理会社と、サーバーは同じ会社にする必要はない

ポイントが余るのに、それでもスターサーバーから変更しないのは、ドメイン管理会社をいくつも契約すると、絶対訳が分からなくなって更新を失敗したり、捨てるつもりのドメインの更新までしてしまうことになると思うから。

各社一番初めの取得に当たっての値段はいろいろだが、更新料はそんなに値段が変わるものでもない。

複数のドメインを取る場合でも、一つ推しドメイン管理会社を決めて、そこに置くのが一番いいと思う。

ドメイン管理会社とサーバーを同じ会社にする必要はない。

私も、スタードメインで取得・管理しているドメインを、スターサーバーだけではなく、エックスサーバー、wpXシンにも置いている。

2013年の6月にロリポップを契約したときに、ドメインはスタードメインで取得し、ロリポップに入れたときのスクショが残っている。デザインはそれぞれ変わるだろうが、見るべきところは10年単位では変わるものでもないので、少し手を加えるが残しておく。

>>スタードメイン

ドメイン管理会社とサーバーが別の場合に、使えるようにする手順など

この手順は、どこのドメイン管理会社(スタードメイン以外にはサーバー付属で使った)と、どのサーバーの組み合わせでも見るべきところは変わらない。ポイントさえ理解すれば、どこででも。という感じで。

1)サーバーの契約と同時並行してドメインを取得する

「独自ドメインを利用する」で申し込んだ。
ロリポップ

一旦ロリポップのドメインを(適当に)作った。これがデータベースのアドレスにも関与する。

スターサーバーも、エックスサーバーも「名前を付けて識別する」という作業がある。

サーバー側で確認するのは「DNS」

ここで確認することは、ネームサーバー(DNS)のアドレスである。
サーバー名

次は、ドメイン取得管理会社の側だ。

スタードメインでドメインをしてネームサーバーの設定を行う

多分2022年とはデザインが異なっていると思う。

ドメイン管理ツールの中から、ネームサーバー登録の画面を開く。
スタードメイン
当時スタードメインはデフォルトでは三つ書いてあった。

それに対して、ロリポップはDNSを二つしかくれなかった。これで十分。

下の方に「ネットオウルの各種サービス」と書いてある。ドメイン管理会社と、サーバーが同じ会社だと、自動でDNSを入れてくれたりするので、ちょっぴり便利だ。

2)サーバー側でドメインを使えるように登録する

今度はサーバー側に戻る。

ドメインの「設定追加」というコーナーが各サーバーにある。

ロリポのスクショがなかったので、今回はエックスサーバーのスクショで。

ここに、さっき取得したドメインを追加すると、使えるようになる。

どのサーバーでも、新規取得の場合はすぐにWordPressの設定ができるようになった。

ドメインの移管の場合は、一日二日という単位で時間がかかるので要注意だ。

>>スタードメイン

サーバーを移転するときは?

サーバーを移転する(がドメイン管理会社はそのまま)なときも、ドメインに関して行うべきことは、

  1. ドメイン管理会社において、DNSの変更を行う
  2. 新しいサーバーの会社において、追加を行う

の二点だ。

サーバーを変更するときに大変なのは中のデータのお引越しだ。軽めのサイト作りをすると、簡単移行サービスを活用することもできる。

こちらもどうぞ

ドメイン関連においては、ドメインを移管することもある。

サーバーについてはこちらもどうぞ