サーバーエラーは機会損失。さっさと乗り換えるべしって話

2012年にイブリンが一番初めにレンタルサーバーを借りたとき、聞いた相手がアメリカ人だった。それで、海外サーバーを使っていたのである。結構な額だった。チャットでいろいろ質問できたので、チャットでの勉強料とすれば妥当だ。

この海外サーバーは、値段はエックスサーバー以上、ダッシュボードの重さはロリポップ以下、不安定さはミックスホスト以上と、とんでもないサーバーだったのでおすすめすることはない。

2014年にこりゃ使い物にならないなということで、移転させていくことになる。

具体的に、どういうエラーが出るのかをお見せしよう。

WordPressのインストールページが表示されたら乗り換え時期

これです。
installation
はい?言語を選べ?

対処について

一番初めの対処は、

  1. 履歴を削除
  2. キャッシュを削除

うまくいけばこれで元に戻るだろうに。無理だったので次に進む。

  1. 接続元を変える(具体的には、モバイル回線)

だめだ。

  1. ブラウザを変える

Firefox、Safari、Chromeと使いますがだめです。

結局、待ちました。単にアクセス過多になっただけかもしれない。

これが、このサーバーをエックスサーバーに乗り換えた理由の一つだ。

>>安定と信頼のエックスサーバー

502エラー

502エラーもよくあるエラーである。

これは、別の、月20万PVをこえたブログ(エックスサーバーに乗っていた)ので頻発した。

当時のX10 (現スタンダード)でこうなった。重い腰を上げて、wpXシンに乗り換えた。

X20にしなかった理由は、金額が二倍になってしまうことがあげられる。wpXシンの方が、料金の段階が細かく分かれているので、今後のことを考えるとそっちの方が良いのではないかと思った。

>>wpXシン・レンタルサーバー

普段からしておくべきこと

2014年はまだその機能がなかったのではないかと思うが、2022年であればJetPackにサイトエラー通知の機能がある。

Jetpackにチェックさせておくといいと思う。

そのほかには、こまめに記事のバックアップを取っておくと良い。

エックスサーバーのように、サイト全体のバックアップを取っておくてくれるサーバーも存在するが、戻すには有料サービスになる。こまめにサイト全体をダウンロードしておくわけにもいくまい。

WPのダッシュボードの「エクスポート」で取得しておくのをおすすめする。

サーバーエラーは機会損失

サーバーエラーは機会損失だ。

自分の設定ミスで表示されなかったら、どうしようもないのだが、サーバー側にエラーがあると、いくらGoogleで上位表示されていようが、SNSがバズろうがどうしようもない。

ブロガーもアフィリエイターも、読んでいただいていくらの世界である。

サーバーは明らかにコストに分類すべきもので、始めたばかりの人には明らかにエックスサーバーは過剰だ。

ただし、読まれるようになったサイト、稼ぐようになったサイトにおいては、サーバーはコストというよりも、サーバーエラーというリスクを考えたほうが良い。

こういうエラーが出始めたら、サーバーの契約が残っていようが、上位プランに切り替えるか、サーバーを移転させる時期である。

はてなProの良さは、こういう心配がいらないこと

さいきんはてなで書いているのだが、まだこれをWordPressにするか、はてなProにするか考えあぐねている。はてなProの良さとは、こういう心配が(ほとんど)いらないことだ。

>>セキュリティ対策不要!今すぐ始める、はてなブログPro