wp-flickr-press (FlickrPress)で写真管理を楽にする話

2013年くらいから、メインでは画像はFlickrに入れるようにしている。この記事も元記事は2013年くらいだ。

FlickrPressというプラグインで引っ張るようにしている。

Flickrを使う理由

コンデジ・スマホで撮影しても、写真はそれなりの重さがあるので、サーバーに負担がかなりかかるから。

2021年的に、写真を打ち込むタイプのブログのサーバー移転に大変難儀をして、結局Flickrに移動させたこともあるほど。エックスサーバーから、wpXシンに移転した。画像の多いWordPressサイトの移転に苦労した話

2018年11月にFlickrは有料化されたが、やはり使い勝手が良いと思っているので、メインでは使っている。

Flickr、有料化へ。そこで自前ではないサービスを使うリスクを考える話

プラグインで管理する

APIを使ったプラグインで管理すれば、アップロードに引っ張ってくることも楽にできるというわけです。問題はアップロードができないことです。

FlickrPress

ぐぐってみると、FlickrPressというのが使いやすそうでした。が、プラグインを検索しても出て来ない。どうやらwp-flickr-pressという名前で出ています。これをダウンロードすると、設定にはFlickrPressで出てきます。

他にもFlickrからも引っ張れるというプラグインも存在します。FlickrPressは更新が止まっているので、常に新たなプラグインを探しているのだが、自分の写真を引っ張ってくるだけという私のニーズに合致したプラグインは、まだFlickrPressしか見つからない。

Flickr側での設定が必要

Flickr
まずは、The App Gardenに入ります。画面の一番右に自分のアイコンがあると思うのですが、これをクリックします。そこにsettingがあるのでここから入って探して下さい。わからなかったら、サーチのところにAPPと打つと出てきます。
APP

Get your App Keyをクリックします。
Get your App key
左は非営利、右は営利です。左でよく見ると、「family-running」とか「small business」と書いてあります。私のサイトは超零細なブログなので左の非営利で十分です。しかし、ECサイトで利用する場合には右を使って下さい。以下は非営利バージョンで続きます。

クリックするとKeyとSecretが出てきます。

WordPress側に戻ります。これらを上の二行にコピペします。ちなみに下の写真では埋まっていますが、デフォルトではコールバックURL以外は空欄です。

コールバック

次はOAthトークンをゲットするためです。KeyとSecretのページにあるリンクのAuthentication Flowに入ります。

fllow
そこにCallback URLがあります。ここのWordPress側で出ているCallback URLをコピペしてセーブ。WordPress側では一旦更新してからOAthトークンを更新します。そうすると、ポップアップでこんなのが出ます。

flickr

OK をクリック。そうするとOAthトークンの隣が埋まります。

これで完了。

WordPressのクラシックモードで引っ張る

開発者さんのブログも2018年で止まっていて、ブロックエディタに対応しません。

なので、Flickrの写真をぶちこむときにはクラシックモードを使って、写真を順番通りに入れた上で、ブロック化することで対処しています。

引っ張る場所は、この「メディアを追加」のFlickrPressをクリックすると、リンクさせたFlickrの写真のサムネが現れるようになります。

[重要][WordPress]wp-flickr-pressのバージョン2.4.0をリリース

なお、Flickrへの投稿はWordPressからはできません。Flickrにアップロードするのもできるようになったら本当に便利なんですけど。

一気にFlickrにアップしておいて、適宜記事に使っていく、というような使い方をするときに最適です。

Related posts